遂にあのリールが最終形態に!

昨年のSLPWドレスアップコンテストにエントリーした2台のリール
この度コンセプト通りの仕様に最終変化する事になりました!

公式のデカールが手に入ったのです♪


シンプルにパーミングカップ側のみデカールを♪

うん、イイね♡

当初からこの計画をしてたので多少薄めのコーティングで止めておいたのですよ( ´ ▽ ` )
んでもって再度コーティングして組み上がったのがコチラ

スティーズリミテッドverマキナ・中島






SS SVverレイナ・プラウラー






あぁ~ご満悦 w( 'ω' )و
スポンサーサイト
 

幼女戦記痛リール、作業進捗どうですか!?

塗装作業も少しずつ進めていますぞ。


バラバラになった旧タカオT3

ドボンして純正塗装を剥がして

パカパカ部分をパテ埋めしたりして


下地塗装からの




メッキ塗装、なかなかムズい。ホコリ等乗らないようにするのが大変( ¯•ω•¯ )
会社のクリーンルームでやりたみ有る


メッキ以外のパーツは主にこんな感じ。

この後メッキ塗料をクリアで抑えてからが本番。またマスキング地獄の始まり…
まぁ焦らずじっくりやりますわ~( ´ ▽ ` )

塗装の御依頼は随時受付中☆
コチラの内容をよく確認の上、メールfenwick0624@gmail.comまでお問い合わせ下さい。
よろしくお願い致します。
 

名古屋キープキャスト2017無事終了しました。

土日2日間で行われたキープキャスト2017無事に終了しました~。
我ら『痛ックル精鋭部隊』のブースにも多くの方々に足を運んで頂き本当にありがとうございました。
メガネ拭きの無料配付両日50枚限定でしたが、合言葉が必要にも関わらず一時間ちょっとで無くなっちゃいました。もう無くなっちゃっててお渡しできなかった皆さん申し訳ございません。

お陰様でオクにて出品されてたりして本当ビックリですわ(笑)隊員に落札されちゃうかもよ?(。-∀-)ニヤリ


で、ブースの方はこの様な感じでした

隊員お手製のひな壇が追加


入口付近のドールは時間が経つにつれ増えて行く怪現象が起きたりとか…


振り向いたら田辺さん居たりとか


地元の某プロとか


二日目には田辺さんが奥村さんと一緒に来て頂いたり


コブラな人とか


タク&コタク。どっちが本物でしょうか!?


龍騎の人とか千藤卓さんとか伊豫部さん、この後ブースに来て頂いた田辺さん、奥村さん。
見に行けたトークショーはこれ位でしたね(^_^;)




リールの塗装に関しても、色々相談や問い合わせなどが思いの外沢山あり、今後依頼が増えて来るのかな?どうなんでしょ。
よろしくご検討下さいますようお願い致します!


本当に賑やかな2日間。とても疲れはしましたが存分に楽しめましたね。個人的にも普段お会い出来ない方々ともご挨拶出来たりとても充実した物となりました。ありがとうございます

最後に主催者様、今年もご協力頂いた林檎蜜紀さん、ブースへお越し頂いた皆様方本当にありがとうございました!








これで今年の仕事は終わってしまったも同然w
その他細かな所の写真は後日まとめて(・∀・)ノシ

 

復活、T3verタカオ改二

昨年の釣行中大破したタカオT3…

パカパカ部分がポッキリ逝ってしまった(T ^ T)

そこで予備機を使ってフルリメイクしてやりましたよ。

前作のデザインをほぼそのままに多少アレンジ
ハンドルとメカニカルブレーキノブは移植。


サイドはシンプルに


文字デカールは前作の物を流用

そして今回の最大の特徴はコレ!





UVライトに反応し光る仕様☆前作は一応蓄光だったんだけど、今回ガイアノーツさんのルミナスカラーを用いて更にパワーアップ(笑)

キープキャストでも、一声掛けて頂ければUVライトで光るのが見れますのでよろしくお願い致しますヽ(*´∀`)ノ
 

新作痛リール ヨハネスティーズ100HL

始めは曜ちゃんリールにしようと思ったんだが、他の隊員が作られてたんで被ってもねぇ…
サンシャインは皆良過ぎて絞れないし(´-ι_-`)

という事で今回はヨハネで!
カラーリングデザインに苦戦、思いっきり厨二っぽい奴をと思ったんだけど纏まらず(´・ω・`)
散々悩んで降りてきたのがコイツでした。
だいたいいつもデザイン案が降りてくるのを待つスタイル♪

キャラに囚われずにカラーリング。イタ車っぽい感じを出したかったんでこんなカラーにしてみた。
キャラデカールは自作、それ以外はハイキューパーツさんのデカールをアレコレ使ってみたが、スポンサーデカールがお気に入り☆

サイドビュー。
ラブライブサンシャインの英字、一文字ずつ並べるのが大変だったわ…早く白デカール導入しよう(^_^;)


自作デカールはある程度やり方が確立した感じ。私の場合は余白を残し貼った後から余分な所をカットする方法。滲みもなく貼りやすいのがメリット。
老眼と手の震えとの戦いが最大の難関かなw



今回メッキ塗料を初導入。クラッチ、メカニカルブレーキノブ辺りに使用。多少コツが要るみたいだがメッキ感は完璧。今後もうちょいやり込んで見ようかと( ´ ▽ ` )

次はズラ丸かなぁ…キチロク先生の梨子ちゃんでも作りた味有るな♡
 
プロフィール

TOM

Author:TOM
温泉県在住。痛ックル精鋭部隊No13。現在カスタムペイント、痛リール作成代行を行ってます!随時ご依頼受付中です♪

カテゴリ
最新コメント
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR