プラ、大会当日の詳細を振り返る

久しぶりにコンスタントに練習したなぁって感じ。
プラの段階ではネコリグメインで朝一の良型をキャッチ、後は数を釣って入れ替えを...などと甘い考えで居たんだが( 。-ω-)


今月中旬を過ぎた辺りから明らかに反応が悪くなって来た。
これまでボトム放置で好反応だったのをスイミングに変更
うまい事回遊のバスにアジャスト出来ていた。しかし回遊パターンはいつも大会では崩壊する...

前日の釣行で沖でのバイトが有ったのを踏まえ、遠投が出来てボトムから浮かせられるリグって事でヘビダンが有効かなと。

前もってリグっておいて正解でした。
ポイントのみを攻めたら即回収するので手返しの良さは重要。

大会当日、やはり回遊は回って来なかった。居てもプレッシャーで口を使わない状態。堰堤沖の駆け上がり、石積みの切れ目の段差を狙う

ステイメインに軽くシェイク、時々リアクション狙いで軽く煽る。これで二本の貴重なキロアップをゲット出来た。
もう一度だけ、さらに深いポイントで微かにバイトがあったが乗せれなかった...焦りがあったのかな(ヽ´ω`)

決勝大会ではもう少しプレッシャー対策をしっかりやっておかなきゃなぁ...使用するフックも一度見直す必要がありそうだ。

今回のヒットタックル
GWT64CLP+ そに子バラン(コスギワ-クススプール) 7lbフロロ(シーガーR-18)
関連記事
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

TOM

Author:TOM
温泉県在住。痛ックル精鋭部隊No13、カスタムペイント、痛リール作成代行やってます!ご依頼は随時受付中

カテゴリ
最新コメント
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR