鹿児島バスファンカップ詳細

それでは、KOG決勝の舞台でもある大隅湖。印象とか色々感じた事とかを振り返ります。

前日、夕方のいい時間帯を見て回った所あちこちでベイトフィッシュがライズするのが見られました。しかしながらバスはそれを追っていなかったですね。
並木さんの話では、バスの状態がどポストからアフターで水面よりまだボトムを意識してるからだろうとの事。

上位陣の釣り方を見ても、ボトムに近いレンジで釣ってるのが殆どでした。
これが決勝の秋口にはどうなるかはわかりません。ハードプラグでもハマれば連発しそうな感じはしますね。
ベイトフィッシュが何かはわからなかったですが沢山いるのでこれらの動きは重要かなぁと。

後は前情報で聞いていた遠投の必要性。
やはり重要度はかなり高いと感じました。
遠投しても釣りが出来る範囲内は比較的浅かったですね。人が多くなれば必然的に沖のプレッシャーが低いポイントを狙う必要が出て来ます。
無理に遠投しなくても普通に釣れますけどね(^_^;)
風やボートの引き波等がスイッチを入れるタイミングだったりするっぽい。

アベレージは500g程度?しかしながらデカいバスも釣れてるしナマズも居るみたい。
極端なセッティングではバラしやラインブレイクの元となるかと(›´ω`‹ )
タックルバランスは大事ですぞ。

で、私が使った物はこんな感じでした
【ヒットタックル】
GWT61SL 04ステラ2500S 3lbフロロ

TPMX70CM T3verタカオハイギア 10lbフロロ

スピニングは最近ハマってる34キメラベイトを1gのストリームヘッドと合わせて使用。余り動かさず引いてくる釣り方メイン
後半はダウンショットで使用。

ベイトロッドの方は三股ヘビキャロで使用。シンカーは3/8,1/2ozで8lbフロロのリーダーを30~50cmとりマス針でセット。ワームはHPシャッドテール

HPシャッドテールはよく動くのでワームが回転しにくく使いやすいですね。キャロなんかには本家よりこちらかなぁと個人的に思ってます(・∀・)

そして厄介なのは火山灰!
リールがすぐにシャリシャリ言い出すので使わない時はカバーを付けてた方が良いかも(´Д`;)

風向き等によってはかなり降りますので対策を考えてた方が良いかもです。
前日の夕方かなりの降灰量でメッシュキャップだと頭灰だらけになりましたからね...

取り敢えずこんな感じでしょうか。
来月の予選、九月の決勝で行かれる県外の方々の参考になれば幸いですヾ(*´∀`*)ノ


関連記事
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

TOM

Author:TOM
温泉県在住。痛ックル精鋭部隊No13、カスタムペイント、痛リール作成代行やってます!ご依頼は随時受付中

カテゴリ
最新コメント
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR